水原秋櫻子・・・句碑

2020.04.15

大正~昭和時代の俳人・医学博士


明治25年生まれ。高浜虚子に師事、虚子の主宰する『ホトトギス』

に参加し、昭和初期頃には山口誓子(せいし)、阿波野青畝(せいほ)

高野素十(すじゅう)とともに名前の頭文字を取って『ホトトギス』の4S

と称されるほど名声を得る。

やがて客観的写生を唱える虚子・素十と作風を巡って対立し、

ホトトギスを離脱・独立し、昭和9年に俳誌『馬酔木(あしび)』

を主宰。五十崎古郷と門弟の石田波郷や若手の俳人達が集い、更に

加藤楸邨、中村草田男なども加わりやがてホトトギスと対抗する

勢力を築く。

産婦人科医で、昭和医専の教授もつとめた。昭和56年死去、88歳。

東京都出身、東京帝大卒。本名は豊。

 三豊市詫間町の俳人、森安華石(かせき)が水原先生に高瀬茶を送った

ところこの句を頂いた。県社「大水上神社」入口にこの句碑がある。


【碑文】

「茶どころと きかねど新茶 たぐいなし」 水原秋櫻子

「新茶佳し 大水上の霧こめて」  山口誓子